メザイク 奥二重

奥二重の人はメザイクでは二重になりにくい?

 

誰でも手軽に
二重整形なみのぱっちり二重になれる!と、
大人気なのがメザイクです。

 

メザイクは、販売数300万個突破の大ヒット商品。

 

特許取得のストレッチファイバーによって、
従来のアイプチ製品よりも、
よりナチュラルな二重が目指せるというアイコスメなのです。

 

メザイクを利用するメリットは
よりナチュラルな二重が実現すること以外に、
上まぶたの脂肪が厚い一重だったり
アイプチが難しいとされる奥二重の人でも、
ぱっちり二重が期待出来ること。

 

また、メザイクは、
まぶたをのりやテープで接着しないので
肌への負担が少ないことも大きなメリットです。

 

 

ただ、奥二重の人は、
メザイクを使ってみても二重になりにくいようで
使い方にちょっとしたコツがいるみたいです。

 

もともと自前の二重ラインがあるために、
メザイクでも、どうしても使い方が難しくなるみたいです。

 

 

他に、

 

 ・まぶたの脂肪が多くて厚い
 ・まぶたの皮膚にハリがある

 

という方も、
メザイクでの二重作りが難しいみたいなので
コツをしっかり押さえて使うことが大切です。

 

 

そもそも、このメザイクとは・・

 

伸縮性のある糸=ストレッチファイバーを、
二重にしたいラインにしっかり食い込ませ、
深いくびれラインを作り、
二重まぶたを形成していくという、
二重作りのためのアイテムです。

 

 

では奥二重の人のための、
メザイクを使う時のコツをご紹介しましょう。

 

 

1. まぶたをキレイにする

 

メザイクは、肌との密着性が需要なポイントになります。

 

皮脂や水分があると浮いてしまうことになるので要注意です。

 

洗顔をした後の、
ローションを付ける前のまぶたに利用するのが一番のコツです。

 

これで、メザイクの付きもグンと良くなり、
理想の二重に近づけます。

 

 

2. 専用の下地を使う

 

肌にピタッと密着させるための、
メザイク専用の下地があります。

 

奥二重の人には、使ってみると効果がアップしますよ。

 

 

3. 二重幅を広くしない

 

もともと自前ラインがある奥二重の人は、
それよりも強固なラインを形成する必要があるので、
二重幅を広くしないで、
自前ラインの少し上あたりに付けると成功しやすいです。

 

 

奥二重の人は、これらのコツを押さえて、
メザイクでぱっちり二重を実現してくださいね。

 

 

 

 

⇒ラピエルで二重になる事はできる?トップへ

 

 

▼ラピエルの詳細へ▼


ホーム RSS購読 サイトマップ